ヘッダー
  サイトローブ   English  
    for your successful R&D          
  トップ ニュース メッセージ 会社概要 お問い合せ サイトマップ  
 
 

  ▼ Product Information

研究・検査用機器
 

 

 
 

共焦点蛍光デジタルスライドスキャナー

 
 

»

TISSUEscope

 
 

高速ハイブリダイゼーション装置

 
 

»

HybriMax

 
 

高速免疫染色装置

 

»

Western Q

 

全自動核酸抽出システム

 

»

MagCore

 

研究・検査用試薬

 

 

分子生物学試薬キット

 

»

RBC Bioscience 製品

 

パピローマウィルス遺伝子型判別キット

 

»

HybriBio 製品

 

口腔細胞(スワブ)・唾液の採取・DNA抽出キット

 

»

Isohelix 製品

 
 HybriBio Limited

  HPV GenoArray Kit

 
HybriBio社製   
 
21種類のヒト・パピローマウイルスのジェノタイピングが可能です
 特定の遺伝子型のヒト・パピローマウイルス(HPV)は、子宮頸部の細胞の変異の原因となり、子宮頸がんを引き起こすと考えられています。HybriBio社の開発したHPV GenoArrayテスト・キットは、21種類のHPVのスクリーニングとジェノタイピングに理想的なテスト・キットです。
 
HPV GenoArray Test Kitで判別できる遺伝子型:  
  1. 高リスク型: HPV16, 18, 31, 33, 35, 39, 45, 51, 52, 56, 58, 59, 66, 68
  2. 低リスク型: HPV6, 11, 42, 43, 44
  3. リスク程度不明: HPV53, CP8304


§ 測定の原理
 HPV GenoArrayの測定方法は、DNA増幅(PCR)とHybriBio社の独自の技術であるフロースルー・ハイブリダイゼーション技術(米国特許5741647, 6020187)を応用しています。メンブレン上に各ウイルスの遺伝子型に特異的なDNAプローブが固定させてあり(マクロアレイ)、メンブレン内部に増幅した検体由来の標的DNAを流すことによりハイブリダイゼーションを起こさせます。フロースルー・ハイブリダイゼーションでは、迅速に(20分程度)でハイブリダイゼーションが完了します。


§ HPV GenoArray Test Kitによるジェノタイピングの各プロセス
 
PCRによるDNA増幅プロセス   ハイブリダイゼーション・プロセス
サンプルからのDNA抽出 30分   プレ・ハイブリダイゼーション 2分
  フロースルー・ハイブリダイゼーション 5分
DNA増幅(PCR)   2時間30分   ウォッシング 5分
  発色によるシグナル検出 10分
* このプロセスはすべてフロースルー・ハイブリダイゼーション装置HybriMax®を用いて行います。

   

マクロアレイ上のタイプ別DNA
  単一型感染の例(type16)  
混合型感染の例(type16 ,33, 53, 66)


§ HPV GenoArray Test Kitの特長
  • 集中的: 21種のHPV特異的プローブが、1台の独自のプラットフォーム上で扱えます。
  • 2つのコントロール: DNA増幅(PCR)のコントロールと検出プロセスのコントロールが、メンブレン上に固定させてあるため、各反応がうまく進んでいるか別々にモニターすることができます。
  • 迅速な検出時間: DNA増幅後は30分以内で結果を得ます。
  • 低価格なマクロアレイ: HybriMax®以外の装置を用いることなく、低価格なマクロアレイ形式のメンブレンを使い、検出まで可能です。
  • 高感度かつ再現性の高い結果を得ます。
    * 本製品は研究用であり、治療・診断用にはご使用できません。



 《お問合せ先》
  Email :   hblscitrove.co.jp
  TEL   :   03-5842-1749
  FAX   :   03-5842-1926
 
 

   © Copyright 2006-2015 SciTrove Inc. - All rights reserved.