ヘッダー
  サイトローブ   English  
    for your successful R&D          
  トップ ニュース メッセージ 会社概要 お問い合せ サイトマップ  
 
 

  ▼ Product Information

研究・検査用機器
 

 

 
 

共焦点蛍光デジタルスライドスキャナー

 
 

»

TISSUEscope

 
 

高速ハイブリダイゼーション装置

 
 

»

HybriMax

 
 

高速免疫染色装置

 

»

Western Q

 

全自動核酸抽出システム

 

»

MagCore

 

研究・検査用試薬

 

 

分子生物学試薬キット

 

»

RBC Bioscience 製品

 

パピローマウィルス遺伝子型判別キット

 

»

HybriBio 製品

 

口腔細胞(スワブ)・唾液の採取・DNA抽出キット

 

»

Isohelix 製品

 

 

超高速ハイブリダイゼーションシステム

HybriMax

Flow-through Hybridization Technology

 
 これまでハイブリやウェスタンは数時間からオーバーナイトのプロセスでした
 
  HybriMax® は、サザン、ウェスタンを30分で完了させます
 
 製品リーフレット(PDF) のダウンロード
 

HybriMax® の特徴

 
シンプルですが強力な技術です
 HybriMaxは、フロースルー・ハイブリダイゼーション原理に基づいた、核酸アレイならびにタンパク質アレイを実行するためのあらゆる種類の方法の中で、最も高速でクリーンかつコスト・パフォーマンスに優れた方法です。フロースルー・ハイブリダイゼーションでは、メンブレンの繊維の中に固定化した標的DNAに対し、フロー(流れ)によりプローブDNAを能動的に近づけることにより二本鎖DNAを形成させ、結合しない分子は、メンブレンを通過することにより取り除かれます。 そのため、相補的分子の間の分子間結合が促進されることになり、ハイブリダイゼーション(ハイブリッド形成)が数分から十数分で完了します。その結果、従来の受動的なハイブリダイゼーションの方法より、所要時間が数十倍短くなります。

 ■ フロースルー・ハイブリダイゼーションの概念


  メンブレン内部に固定した核酸やタンパク質に対しプローブ分子のフロー(流れ)を作ることにより、高速でハイブリダイゼーションや抗原抗体反応を引き起こします。


 
飛躍的に反応速度を改善します
 HybriMaxでは、従来の二次元のメンブレン表面上ではなく三次元のメンブレン多孔質の中で分子間相互作用を起こすため、分子の会合が効率良く行われ分子間の結合が促進されます。感度や特異性といった特性は、従来法と比較して同等です。

      
  ハイブリダイゼーションには、従来の方法で数時間からオーバーナイトかかりました。HybriMaxを使ったフロースルー・ハイブリダイゼーションでは数分で完了します。


 
実験プロトコールに革命を起こします
 例えば、サザン・ハイブリダイゼーションにおいて、所要時間を従来のプロセスと比較すると、HybriMaxでは以下のような時間の短縮に繋がります。

 ■ サザン・ハイブリダイゼーションに要する時間の比較
  典型的な従来のプロセス HybriMaxによるプロセス
プレハイブリダイゼーション 20分 2分
ハイブリダイゼーション 8時間〜16時間 5分〜15分
ウォッシング 20分×2 2分×3


 また、ウェスタン・ブロットでもブロッキングからシグナル検出までの工程をトータルで数十分に短縮します。HybriMaxの利用により、日常の実験の所要時間が短縮されることはもとより、特に条件検討が必要な場合やハイブリ実験の結果により次の実験プロセスが決まる場合等には、プロセス全体の時間効率が大きく改善されます。

 ■ ウェスタン・ブロッティングに要する時間の比較
  典型的な従来のプロセス HybriMaxによるプロセス
ブロッキング 1時間 2分
ウォッシング 15分×2
一次抗体反応 1時間 12分
ウォッシング 15分×2
二次抗体反応 1時間 12分
ウォッシング 15分×2 3分×3
合計 4.5時間〜18時間 約35分


ライフサイエンスの必須アイテムへ
 HybriMaxは、ハイブリダイゼーションや抗原抗体反応におけるブロッキング、ならびにウォッシングといったそれぞれのプロセスの反応時間を短縮します。ライフサイエンスの分野において、メンブレンを用いた核酸やタンパク質のさまざまな実験に適用することが可能です。メンブレンや試薬は、従来のものをそのままご利用いただくことが可能です。高価なチップ等を使うこともないのでランニング・コストの抑制にも繋がります。

 ■ 適用できる実験の例
    ・  サザン・ハイブリダイゼーション
    ・  ウェスタン・ブロッティング
    ・  ドット・ブロット(DNAマクロアレイ)
    ・  リバース・ドット・ブロット

※ SciTroveでは、HybriMaxのデモ機およびアプリケーション・ノートをご準備しております。 また、レンタルサービスもご利用いただけます。ご希望の方は、弊社までお気軽にお問合せください。


 《お問合せ先》
  Email :   hblscitrove.co.jp
  TEL   :   03-5842-1749
  FAX   :   03-5842-1926
 
            ▲ページトップへ

   © Copyright 2006-2015 SciTrove Inc. - All rights reserved.